男と女の色々な悩み・浮気、離婚、お金なんでも話します。

menu

主婦の本当の姿.com

クセになるほどの快楽を感じる主婦の浮気

4

私は40代の主婦なのですが、どうしてもやめられない悩みがあります。

それは浮気です。

4

知り合った男性に抱かれる快感は、どうしても止められず、はっきり言ってクセになってしまっています。

始まりは30代の後半からでした。

主人とも仲良く、三人の子供にも恵まれたのですが、夜の営みに寂しさを感じ始めたのがちょうどこの頃でした。

主人は会社でも管理職を務め責任も重く、毎日忙しい日々を過ごしていました。

当然毎日の帰りは遅く、疲れきっている主人にはどうしても言い寄り難いものを感じていました。

結婚も20代前半ですぐに子供もできたので、その頃には一番上の長女が高校生、下の長男と次女は中学生になっていましたので、親といるよりも友達と過ごす時間も多く、女の子2人に囲まれた長男も控えめな性格により世話もそれほどやけませんでした。

そんな生活をしていると、何か物足りなくなるのが主婦というものです。

何気なく女性誌に乗っていた出会い系のサイトにアクセスしたのがきっかけでした。

今思えば、かなり欲求不満だったように感じます。

女性の性欲は30代後半から上がり続けると一部の世間では言われますが、嘘ではないと主婦の私は感じます。

出会い系サイトでのやりとりは、体の関係を求める男性が多かったのですが、悪い気にはならなかったのも事実です。

いつしか疑似体験だけでなく、実際に会ってみて知り合ったばかりの男性に抱かれてみたいと思うようになったのがクセになってしまった浮気の始まりでした。

初めて会ったのは年下の男性でした。

軽い食事をした後に、さり気なく体を求められ、誘われるようにホテルへ。

シャワーも浴びずに、ゆっくりと服を脱がされることに、主婦の立場を忘れて、女になってしまいました。

男性が若いという事もあり、激しく求める息遣いに私は大胆になり、こんなに淫らになれるのかと思うほど私からも求めて止まりませんでした。

若くもなく、華もない私を隅々まで愛してくれる男性に、私は本能で応え、お互いの汗を混ぜ合わせる卑猥さに快楽を覚えてしまったのです。

主人が愛してくれない恥ずかしい所も、浮気相手はゆっくりと丁寧に愛してくれる悦びは、恥ずかしくもあり、この上ない快楽とも感じます。

バナー(468×60)

Google Adsense

関連記事