男と女の色々な悩み・浮気、離婚、お金なんでも話します。

menu

主婦の本当の姿.com

離婚した主婦が生活費を手に入れるには

5

結婚10年目の節目の年に離婚を決意しました。

主人とは大恋愛の末に結ばれて、どちらかというと主人の方が結婚に乗り気だったのに、何時の間にか私への気持ちがすっかり冷めてしまったようです。

毎日夜遅く帰って来て、夫婦の会話がろくにないばかりか、一人娘に声をかけることすらほとんどない状態が一年ほど続きました。

休日には、一人でパチンコに出掛けてしまい、家族サービスの時間などほとんどありません。

もともと子供っぽく、飽きっぽいところのあった人なので、夫や父親としての役割に飽きてしまったんだと思います。

もう主人に未練はないので、子どものためにも早く別れて新しい生活を始めたかったのですが、気になるのは生活費のことです。

私は結婚してからずっと専業主婦だったし、結婚前も正社員として働いた経験がありません。

主婦をしながら家で内職はしていましたが、いわゆる職務経験がほとんどないので、離婚してもどうやって食べていったらいいか、検討がつきませんでした。

求人誌で主婦にもできる仕事を探しましたが、ほとんどはコンビニやスーパーのアルバイトばかりです。

やはり、専業主婦である以上は、夫のわがままにも耐えて、結婚生活を続けるしかないのかな、とも思いました。

でも、毎日辛くて泣いてばかりいる私を見かねて、両親が実家に戻るように薦めてくれました。

両親には申し訳ないですが、実家に住めば家賃がいらないので、少ない収入でも何とかやっていくことができます。

そこで、双方の両親も交えて離婚の話し合いを進めることになり、娘の親権は私が持ちますが、成人するまでの娘の養育費は夫が負担することで話がつきました。

約束を破らないように、公証人役場に行って正式に書類を作成し、養育費として毎月10万円を振り込んでもらうことになりました。

今は、実家のそばのスーパーでパートで働き、毎月6万円ほどの収入を得ています。

これと養育費と両親の年金を合わせて、何とか生活費が賄えている状況です。

バナー(468×60)

Google Adsense

関連記事